2005年06月13日

BOX水耕追加

予備槽に入れてあったトマトときゅうりをいいかげんちゃんとした液肥槽に入れないといけないので、今日はその作業を投稿します。

トマトが大きくなりすぎていて引っ張り出してきたら倒れてしまいました。とりあえずの予備槽にいれてあったトマトときゅうりが大きくなり過ぎているので、ちゃんと予定どうりパッシブ水耕に移行しなければなりません。培地層に使っているペットボトルの容器に開けてある穴が小さいのが気になってしょうがないです。
そこで大きく穴を開けたペットボトルの容器を用意しました。これは半田ごてを使ってその熱でアナを開けました。



こんなに根が張っていました。まずはきゅうりからペットボトルから抜く作業です。これがなかなか大変で結局鋏で切り裂いて根っこを取り出しました。このときにだいぶ根っこを痛めてしまったのですがこれぐらいは簡単に復活してくれるでしょう。
そして、大きな穴をあけたペットボトルに移植しました。培地には今まで使っていたバーミキュライトやゼオライトではアナからこぼれてしまうので赤玉土の大玉を使いました。



発泡スチロールの箱が一番使いやすい。とりあえずきゅうりとトマトをセットしました。これからもう一作業です。ここには屋根がありません、だから液肥槽に雨水が入らないような工夫をしなくては成りませんが、また白いフィルムを使いますがその様子はまた後日。


posted by NAO at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

こりゃ凄いな?

今年から始めたペットボトル水耕栽培の葱が凄い勢いです。

ミニ温室の天井に届いちゃってます。ペットボトルの葱たちは、すこぶる順調です。計7本の葱ペットボトルですが50本ほどの葱が育ってます。全てがスーパーで買ってきた葱を再生させたものです。約半分ほどが去年の冬に再生させてコンテナに植えてあったもの。後半分は今年の冬に再生させて、2/14からそのままペットボトルで育てているものですが、外見では見分けがつきません。
背丈は50センチほどでミニ温室の天井につかえ始めました。収穫しても再生してくれるので、いつもこんな状態です。コンテナ植えの葱たちにはアブラムシがやってきますがこのペットボトルの葱たちには全くと言って良いほど虫がついていません、だから綺麗な葱が収穫できます。刻むとドロ?とした透明な液体が出てきます、そして目にしみる、新鮮な証拠ですね。なんせさっき収穫したばかりですから。

ここで悩み事が・・・
実は鉢やコンテナで育てている葱が他に6コンテナあります。ペットボトルの葱で間に合いそうなので、コンテナの葱たちは処分しようかと悩んでます。これまで育ててきた思い入れも有るけどコンテナが足りなくなって来てます。思い切って処分するか!


posted by NAO at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

ペットボトル水耕に嵌ってしまったようです。

今のところペットボトル水耕が14本あります。全てが好調で嵌ってしまいました。

いちごのペットボトル水耕です。ランナーが出てきたのですがまだ必要ないので切ります。2リットルと4リットルのペットボトルを加工して水耕栽培用にしました。このために焼酎を一生懸命飲んでます、なんて嘘?
ペットボトル水耕のイチゴが、今のところ3本あります。どれも鉢植えのイチゴより勢いが優ってます。でもアブラムシが押し寄せてきます。今までは筆で掻き落としてましたが、最近ではスプレーに入れた水を直噴にして洗い落としてます。路地植えなら洗い落としてもすぐ戻ってきてしまいそうですが、鉢植えやペットボトルなら移動させて遠いところで洗い落とすことが出来ます。しかしながらすうじつするとまたアブちゃんがいらっしゃってます。まったく懲りないやつらだ。
またまたペットボトル水耕を追加します。2リットルと4リットルのペットボトルをカッターで加工しました。4リットルのペットは私の愛飲してる焼酎のペットボトルです。これからますます増えそうです。
さて、何を植えようか?ピーマンかナスを水耕でチャレンジしてみようかな。



今日は風呂場のペンキ塗りをしてたもので、屋上はあまり作業できませんでした。昨日取り損ねたアスパラガスが30センチになってます。あわてて収穫しました。
posted by NAO at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

水耕アイテム追加

一気に暖かくなって(と言うより暑くなって)、いろんな種が発芽しております。
今年は、水耕とコンテナで栽培するつもりなので、今日水耕に追加したアイテムをいくつか紹介します。

2つ目の水耕栽培槽を追加しました。まだエアレーションしていないので明日エアーポンプを買ってきます。ガーデンレタスミックスの水耕栽培を追加でセットしました。4種類の種が入っているようですが、サニーレタスやちりめんチシャは分かりますが、後の2種類が分かりません。まあ大きくなれば分かるでしょう。これ以上増やすと食べ切れなさそうなんだけど、まだ苗は沢山ある。どうしよう・・・



やっと発芽した青じそです。2週間ぐらいかかったんじゃなかろうか。こんなに遅い発芽は初めてです。毎年育てている青じそ(大葉)もやっと発芽したので、一個だけペットボトル水耕にチャレンジしてみます。
実は私の実家では大葉で生計を立てております。自称大葉家百姓です(皆さん高知の大葉をよろしく)。だから私も大葉を失敗するわけにはいきません。去年は小さいコンテナに植えすぎたので反省して、余裕を持った植え方をしようと思います。



ロックウールではうまく発芽出来ませんでした。改めてポットで発芽させました。きゅうりもパッシブ水耕にチャレンジです。去年のきゅうりはコンテナが小さかったので、暑さでやられてしまいました。今年は大きなコンテナとパッシブ水耕でリベンジです。



初チャレンジのとうもろこしです、うまくいけばいいのだが。味来という品種です。確かFUUTAさんも同じコーンの種を蒔いたはず。負けないように頑張らなくては。これも大きくなるから袋植えでのチャレンジとなります。



今日はいい天気でしたが風が強くて色んなものが飛ばされそうで参りました。
posted by NAO at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ぼちぼちと暑さ対策(2)

そして

何かすれば大きく見えるはずその白いフィルムでペットボトル水耕をマルチにしてみました。最近液肥の吸い上げが早いので、少しでも蒸発を抑えたいのでやってみましたが、どうなるでしょう。



何かすれば大きく見えるはずイチゴのペットボトル水耕のアブラムシ対策でアルミホイルを適用してみました。Ikukoさんのところでも、sadacoさんのところでも話題になっていたので、私もチャレンジです。テデトールも追いつかないので、色々やってみます。


posted by NAO at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼちぼちと暑さ対策

去年の猛暑には参ったので、今年はまだ早いかなと思ったのですが、ぼちぼちと暑さ対策を始めます。

何かすれば大きく見えるはずペットボトル水耕の模様替えです。黒いビニールの上から白いフィルムを巻きつけました。まるで○ナウェーブだ?。この白いフィルムが電磁波を除去します。ってのは嘘で、単純に熱の吸収を最小限にしたいからです。今日の天気は曇りがちでしたが、黒ペットの液肥の温度が35℃、白ペットと銀ペットは27℃でした。それなりの効果はあるようです。この白いフィルムは職場で使ってる材料の端材で、残念ながらホームセンターなどでは市販されてはいないと思います。もしほしい方がいるなら譲ってあげてもいいですよ。



風呂場のペンキ塗りは明日に延期しました。
posted by NAO at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

パッシブ水耕栽培の準備

昼過ぎに屋上でイチゴのアブラムシ退治をしてたら、大粒の雨が降ってきました。あわてて避難です。しょうがないので空いたペットボトルを集めて、水耕栽培の準備をしました。

何かすれば大きく見えるはず今日は7本のペットボトルを水耕用に工作しました。後ろの2,4リットルのペットボトルを加工したものはいつものペットボトル水耕に使います。今回はアルミテープで遮光してみました。作業は楽ですがコストが掛かります。
手前の500ミリリットルのペットボトルが今回初めて挑戦するパッシブ水耕に利用します。やはりアルミテープで遮光して、ルーター(ドリルの小さいやつ)でいっぱい小さな穴を開けます。予定ではこの穴から根っこが出てくる予定です。
何かすれば大きく見えるはず本格的にパッシブ水耕に移行する前に、とりあえず発根を促します。(ここをクリック)いっぱい穴を空けたペットボトルに、バーミュキライト、ゼオライト、赤玉土、川砂を混ぜたものを入れ、トマトとミニトマトを植え替えました。それを液肥に浸します。ペットボトルの1/3から1/2が浸かっていれば十分です。これで水と養分に酸素が根っこに吸収される予定です。
穴から根っこが出だしたらおおきな液肥槽を用意して本格的にパッシブ水耕の始まりとなります。なにぶん初チャレンジなのでうまくいくかどうか?


posted by NAO at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

水耕チシャ収穫!!

皆さんに負けじと、チシャを収穫しました。

何かすれば大きく見えるはず何かすれば大きく見えるはず
左側が収穫前。右側が収穫後。って見れば分かりますよね。ざるに軽く一杯の収穫です。早速今晩のテーブルに並びました。若い葉っぱは柔らかくて美味しいです!!
うちで水耕で育てているチシャは、チリメンチシャ、サラダ菜、そしてチマサンチュの3種類。コンテナではレタスも育てていますが今まで巻いたためしなし。
大きく育った周りの葉っぱだけを収穫すればまた残した小さな葉っぱたちが育ってくれます。収穫後は隙間だらけになっていますが一週間もすればまたわさわさになって収穫できることでしょう。何回収穫できるかな?。



午前中は日もさしてそこそこ暖かかったのに、昼過ぎから曇ってきてにわかに風も強くなり寒い一日となってしまいました。屋上に30分もいたら冷えてきたので、またまたあまり世話することができませんでした。あしたも寒そうだし・・・はやく暖かくなれ??
posted by NAO at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

今日の暖かさで

水耕チシャたちも今日の暖かさで一気に成長したみたいです。

何かすれば大きく見えるはず何かすれば大きく見えるはず
左の写真
が2/23。右が今日の写真。手前のほうがチリメンチシャで奥がサラダ菜です。一昨日1ブロック2株から1株に間引きして空間に余裕ができたのか、また今日の陽気のせいかぐんぐん成長して食べごろになってきました。
ぼちぼち収穫できそうな大きさに育ってます。
今回、試験的に水耕栽培をやっているんですが、思った以上にうまく行き過ぎているので、この量では不満になってきました。よって順次増設していくつもりです。(あ?また経費が・・・)
まあ、自分は楽しみながらやってるんで他で散財するよりは良しとしますか。


posted by NAO at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

日が長くなって

植物たちの成長のスピードが段々と速くなってきたようです。2枚の写真を並べて比較するとはっきりと成長の度合いが分かります。

何かすれば大きくなります昨日の写真です。土台になってる発泡スチロールの白い部分を比較してください。




何かすれば大きくなります今日の写真です。土台になってる発泡スチロールの白い部分を比較してください。一日でこれだけ大きくなりました。ミニ温室に入れ、温度管理をし、エアレーションもしてるのだからそれなりに成長してくれなくては困るわけですが・・・ここまで約一ヶ月かかってます。


posted by NAO at 23:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

根っこがピュ?ピュ?

だいぶ根っこが伸びてきました。
土栽培では根っこを気軽に見ることはできませんが、水耕なら液肥からあげるだけですから簡単です。葉っぱ部分だけじゃなく根っこの伸び具合も楽しみとなりました。
今日仕事帰りに園芸店に寄ってエアーストーンを2つ買ってきました。エアーポンプは1機しかないので分岐するやつも購入。例のPET水耕のネギとこのチシャの液肥漕に取り付けました。水面に泡がたくさん浮いているのわかりますか?多少なりとも効果を期待してるんですが、どうなることやら・・

前から気になっていた水菜の種も購入しました。今度の週末に種まきします。
posted by NAO at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

PET水耕増設

2リットルのペットボトルを加工して、PET水耕増設です。
今回は最初からきちんと遮光しました。

先日黒いビニールを買いに近くのホームセンターに行っきました。黒いビニールといえばマルチシートだなと園芸品売り場にいったんですが、マルチシートには苗を植え込む穴が開いている。これでは使い物にならない。昔は黒いビニールゴミ袋が有ったのにな?なんて思いつつゴミ袋売り場に行ってみると有りました、黒いビニールゴミ袋。10枚入りで500円、高い!でもしょうがないか・・

一番右側が去年ランナーから根付いたイチゴ、その他は台所で再生させてたネギです。
posted by NAO at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

チシャも水耕栽培開始

↑クリックすると大きくなります。

発泡スチロールの板に穴を開けて、チシャの苗をロックウールごと突っ込みました。で、発泡スチロールを液肥に浮かせて、本格的に水耕栽培の開始です。
ほんとは、液肥と発泡スチロールの間に空間があればいいのですが、まだ根っこがあまり伸びてないのでしょうがない。十分根っこが伸びたら、空間を空けて、根っこから酸素が取り入れられるようにします。
posted by NAO at 19:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

エアーレーションで比較実験

↑クリックすると大きくなります。

ペットボトル水耕栽培(PET水耕)のネギをエアーレーション(空気ぶくぶく)が有るのと無いのとでは、どれぐらい再生のスピードに変化があるのか、実験してみます。
お昼に2つのPET水耕のネギを3センチぐらい残して収穫しました。10年前のエアーポンプ(これもエッチング装置に付属していたもの、思い出して使ってみる)を引っ張り出してきて、チューブをつないで先の出口に不織布を巻いて、錘として小石を縛りつけ、左側のPET水耕に適用。これが3時ごろ(写真参照)。と、すでに数ミリ成長してる、いやはやネギってすごい。

エアーポンプは100V2.4Wなので24時間通電しても月の電気代は50円ぐらいかな。すごい勢いでぶくぶくやってます。最近の水槽用のエアーポンプはもっと消費電力が少ないようなので、この結果しだいで買ってこよと思っています。

収穫したネギは早速昼飯のネギチャーハンになりました。取立てのネギの香りが最高です、刻んでると目にしみてきます。スーパーで買ってきたネギはこうはいかない。取立て最高!!
posted by NAO at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

ペットボトルで水耕栽培

作り方、育て方、簡単です。

ペットボトルなので気楽に作れます、失敗しても気にしない気にしない、何度でもチャレンジしましょう。
写真は4リットルのPETですが500ミリリットルだろうが2リットルだろうがかまいません。
まずは、切断します。そして・・・・・

と、私が説明するより、参考にしたHPを紹介したほうが、写真つきで詳しく出てるし、わかりやすいと思います。

1.庭がなくてもガーデニング  (私はこの方法を参考にしています)
http://suikou.incoming.jp/M20021015_213640.html
これは、植物を固定するのに川砂を使ってますが、買ってくるのが面倒だったので、コンテナの土を使ってます。土が落ちないようにエアーキャップまたは台所用の水切りネットなど使えば問題ありません。
種からでも育てられるんじゃないでしょうかね。暖かくなったらチャレンジしてみます。

2.ペットボトルを利用した養液栽培方法
http://www2.sendai-c.ed.jp/%7Ecenter/h12doc/yoekisaibai/youekidatabase/manuaru.htm
これは、スポンジで植物を固定するので土を一切使わない方法です。土栽培の苗は土を洗い流し、充分水に晒してから始めたほうが無難です。土を使ってないので室内で使うのには最適かも。

両方とも、不織布や、スポンジで下の液肥タンクから毛細管現象を利用して液肥を吸い上げています。
肝心なのは肥料です。どちらも専用肥料がうんぬんと書いてありますが、私は園芸店で売っていた微粉ハイポネックスを使ってます。500グラムで1000円ほどでした。千倍から2千倍に薄めて(1?2リットルの水に1g溶かす)使用するので、結構長く使えるのでは、と思っています。まだ使い始めたばかりなのでなんとも言えないのですが、今のところ良好です。
管理も簡単で、減った分の液肥を追加するだけです。そして月に一度液肥を全て交換してやればなおよろし。

他にも色々なサイトがありますので、順次紹介していきたいと思います。
posted by NAO at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

底面給水

↑クリックすると大きくなります。

まだ根っこがあまり長くないので、とりあえずは底面給水で根っこの成長を待ちます。
小さな容器に芽の生えたロックウールとその周りに赤玉土、底に穴が開いていてそこから液肥を給水します。成長と共にその穴から根っこが出てくる予定ですけど・・
液肥を切らさないように注意しなければ。
posted by NAO at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

根っこがピュ?

↑クリックすると大きくなります。

種蒔きから2週間でやっとここまで成長してきました。
根っこも伸びてきました、この根っこが隣のロックウールブロックに入り込まないうちに、一個一個ばらしてやらないといけない。プリンの空き容器があるので明日それに分けるつもりです。
全体的にもう少し根が伸びてくれたら、本格的に水耕栽培となります。かな。
posted by NAO at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

やっと本葉が

↑クリックすると大きくなります。

発芽するまで早かったんですが、やっと本葉が顔を出してきました。
寒波襲来でぴたっと成長が止まっていましたが、温室と苗床風呂が頑張って暖めてくれてたようです。

はてさて、これはチマサンチュかサラダ菜か?
もう少し大きくならないとわかりません。

今日は季節を分けると書いて節分。これからは春に向かって一直線!
早く来い来い春よこい。
posted by NAO at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

水耕ネギの根っこ

↑クリックすると大きくなります。

FUUTAさんのご希望にお答えします。
1月3日から始めた、実験的ペットボトル水耕栽培のネギの根っこです。
かれこれ一ヶ月経ちましたが、少し茶色の根っこが、土から掘り起こしたときにすでにはえていた根っこです。上の方の白い短い根っこが新しくはえてきた根っこです。この根っこが液肥に届くまで伸びてくれれば、ネギの成長も早くなるんじゃないかな?って思ってます。
今度の週末からは、新しく買ってきた微粉ハイポネックス肥料を使ってみます。この肥料に期待しているんですが始めて使うのでどうなるでしょうかね。
posted by NAO at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

実験的・・・のネギ

↑クリックすると大きくなります。

実験的ペットボトル水耕栽培のネギの今日の姿。
心配するより全然てまも掛からず大きくなってます。ほんとにこれでいいの?って感じですが、何とかなってるみたいですね。これ、パッシブ水耕栽培と言うようです。水の循環もエアーレーション(酸素供給と言うかエアーポンプでぶくぶく)も必要なく栽培できる方法です。根っこを全て液肥に浸けない様にして、浸かってない根っこ部分で酸素を吸入するそうです。
このネギたちも新しい根っこが沢山生えてきてます。写真撮ったんですがうまく写らないので残念・・・
この方法で5本やってますが、黒いビニールで包んで遮光したのが(2本だけ)調子いい。光が入ると藻が生えてくるんです、液肥は栄養価が高いので藻が生えてくるのは当然かな。
根っこへの光を早いとこ遮断せねば。
posted by NAO at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
美白

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。