2012年12月08日

ボーイング787

B−787の部品を作ってはいるものの、実物は遥か上空を飛ぶ物しか撮影できていなかった。

羽田空港に帰り着いた時に屋上のデッキに行ってみました。

次々に降りてくる旅客機を撮っていると、ついにやってきましたねB−787



残念ながらの曇り空、晴れていればもう少しまともに写っていたかなぁ?

造っているのは主翼のアクセスドアのスペーサー。要するに主翼の下にある、人がギリギリ入れる点検口のドアを取り付ける時に隙間が空かないようにするスペーサー、炭素繊維強化プラスチックで出来てます。ちょっとした部品ですが作業工程一つ一つにチェック項目が有り、日付と名前を書き入れる。そうです、人命を預かる部品なので責任を持って作業していますよ。

富士山が綺麗

ラベル:B−787
posted by NAO at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。