2011年11月27日

薄曇りは空の景色の宝箱

陽射しは十分ありましたが朝から薄曇りの一日。
こりゃ富士山は無理かなと思って朝に屋上に上がったら薄霞の向こうにしっかりと拝めました。夕景富士山も綺麗。



今日の屋上から見る空は格別でしたね、薄雲が色々表現してくれます。



日暈が出ると天気は下り坂。火曜日の天気予報は雨降りの予報が出ています。

幻日と彩雲



日暈が出ると幻日が出てくる確率が高くなりますね、電柱の右側に光る雲がありますがこれが幻日。幻なのにげんじつ・・・
日没時にその上の雲が不思議な色で輝いていましたね、めったに見れません。


トビモノはセスナと鳥。



鳥の名前は分かりません、群れてましたがムクドリではないようです。


雲が多かったので期待薄でしたが、富士山上空は雲は薄かったのでもしかしたらこの薄い雲の間に出てくれるのでは無いかと待ってました。

三日月と宵の明星の金星とのランデブーです。



今日の空は楽しかった、表情豊かな空が見応え有りました。
いっぱい撮影したほんの一部ですが投稿です。

刻々と変化していく空の表情に夢中になっていましたが、ちゃんとその合間に屋上の菜園作業もしてますよ。明日報告します。


posted by NAO at 23:54| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 屋上からの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あああ、
昨日見損ねたのが、ほんと、残念。
今日は雲が多くて見られなかったの。
Posted by KOJI at 2011年11月28日 22:45
KOJIさん、コメントありがとです。

なに、毎月巡ってきますからまた来月に期待しましょう。

毎月巡っては来ますが、暁月も三日月も見えている時間が短いのでタイミングが大事ですね。天気が悪くても見えないし、外にいないと見えないし。身近なお月さんですが暁月と三日月は貴重な存在だと思っています。
Posted by NAO at 2011年11月29日 00:46
そうね、
でも、同じ時の同じ月は見られない。
Posted by KOJI at 2011年11月29日 22:08
KOJIさん、こんにちは。

そうね、景色は唯一無二ですから同じ景色は二度と見れないですね。
だから、意識して周りを観察することが大事なんです。そしてちょっとした変化を確実に受取る感性を磨くこと。
これは仕事にも言えることで、ちょっとした変化を見逃していると後々大きな事故や怪我につながることもありますからね。
ちょっとした変化は見逃してしまうことが多いですが、後から考えると不具合の原因の前兆だったりしてます。
気がつくと気が付かないでは大きな差・・・
なんか話がそれてきた・・・
Posted by NAO at 2011年11月30日 01:05
いいんじゃない?
私の職場では事故を防ぐための、KYって言ってる。
ほんとはKYT。

空気読めじゃなくて、
なんだっけ…、
危険を 予知する トレーニング だよ(笑)

同じでしょ?
Posted by KOJI at 2011年11月30日 19:12
KOJIさん、コメントありがとです。
そうそうKYTですね、なんで最後のTrainingだけ英語だよ!って突っ込みたくなりますね。
我が職場も毎日朝のミーティングでやってますよ、つまらん事故や怪我は自ら回避する能力を持たなければね。身がもたないよ。
Posted by NAO at 2011年12月01日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。