2011年11月26日

高知から持ち帰ったムカゴから4年目の自然薯収穫。

その前に小さな自然薯を収穫。



名前どおり小さな自然薯でした・・・まぁ小さなコンテナにいっぱい植え込んでいますのでこんなものでしょう。
早速大きな芋からすりおろしてとろろご飯で 頂きました。粘ってうまかった。

去年のムカゴから発芽した自然薯も沢山出てきたので来年はもっと多くなりそう・・・


で、長芋はコンポストタワー2基に植えてます、その内の一つ。高さは80センチ程です。



コンポストタワーでの栽培ですので掘る必要は有りません。
周りの袋をはさみで切れ目を入れて、培地をむき出しにして後は培地を崩していけば長芋自然薯が姿を現します。80センチの高さではやはり底に付いてましたね、足みたいになってました。






縦型コンテナにも植えこんでました。高さは120センチ程です。



こちらのほうが土の量も多いし大きめの種芋を植えこみましたので、大きなのが採れました。
高知から持ち帰った自然薯のムカゴから4年経ってやっとそれらしいのが収穫できました。



上のほうが縦型コンテナ、下のほうがコンポストタワー。縦型コンテナのほうが大きく育ってますね。
上部20センチほどで切って又来年の種芋にする予定、来春までの保管はいつも通り発泡スチロールの箱に土を入れてその中に入れるつもりです。
来年は栽培方法をちょっと変えようかと思ってます。自然薯な葉っぱは妙にまとまろうとしてしまい日光を充分に受けていない。来年はこまめにツルを誘導して葉っぱが目一杯広がって満遍なく日光を受けられるようにしてやりたいですね。そのための構想もいろいろ練ってます。
緑のカーテンで真夏の避暑地も作りたいし、いろいろ試行錯誤しながら楽しむことにします。


夕暮れにDC−8



空の貴婦人DC−8、細身のエンジンがイイですね。絶滅危惧の4発エンジンですがまだまだ頑張って欲しい。


朝から天気は良かったのですが富士山方向はずっと雲多しでした、夕刻になってやっと富士山を拝めました。




明日は三日月ですね、日没から数時間しか見れませんので細いお月さんを楽しみに待ちます。


posted by NAO at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然薯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、
園芸の知識も、航空機の知識もなくて、
NAOさんの記事を読むのに、
wikiに助けられながら、
徐々に読み進んでます(笑)

ムカゴ、高知から持っていったんだね。
Posted by KOJI at 2011年11月27日 21:47
KOJIさん、コメントありがとです。

ウイキィさんだけで理解できれば大したものだと思う。
お互い趣味や趣向が違うでしょうからそれを理解し合うのも大変な作業ですね。
わしもコミックのことはさっぱりわからん・・・


そう、稲生の裏山から持ち帰った4年目のムカゴがこんなことになってます。
Posted by NAO at 2011年11月28日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。