2011年10月30日

落花生を収穫しなければ。

早いとこ収穫してコンテナを開けないと次に植える苗たちが控えていますので、何とかせねば。



コンテナでもしっかりと育ってくれますが、これだけ葉っぱを広げると暑いさかりには水枯れ必至ですが、底面給水型コンテナなので暑い夏も無事に乗り切ってくれました。

今までにも何度かいいトコ採りで収穫していましたが、土の中に指を突っ込んでまさぐっていただけなので大して無いのかなと思ってましたが、引っこ抜いてみると思った以上にピーナッツがぶら下がってきました。



しかし豪快にぶら下がってくれますね。
残念ながら狭いコンテナなので株の中心だけで外側の子房柄はコンテナから外れて、土にめぐり合うこと無く無残に駆虫を彷徨ってますね。子房柄の先を何だかの方法で遮光と水分を供給してあげればもしかしたらピーナッツになってくれるかもしてないので、来年は試行錯誤してみようかな。

いつものように25〜30分の塩茹でです。



茹でたて最高。ついついビールが進んでしまいます。

収穫後に根っこを観察したら大量のツブツブが付いていました。もしやネコブ?とも思いましたがよく考えれば落花生はマメ科、これは根粒菌ですね。
枝豆の根粒菌は観察したことがありますが、落花生の根っこにもびっしりと付くんですね。
落花生と根粒菌はお互いに協力しながら共生しています、お互いに必要な養分を供給しながら育っていくんです。自然の営みですが面白いです。




弱って飛べなくなっているモンシロチョウがいい被写体になってくれました。



よく見ると花の蜜を吸うストローが短いですね。
もしかしたら奇形で羽化したのでしょうね、で、花の蜜を吸えず弱ってしまったって事かな?

でも、お陰様でどれだけ寄っても逃げないといういい被写体になってくれました。
posted by NAO at 23:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 落花生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかぱっと見だけど畑のものより出来が
いいかもしれない。^^
Posted by つくばのガマ at 2011年10月31日 05:35
ガマさん、どうもです。

いえいえ畑のものには到底かないません。
コンテナの外に溢れ出している子房柄を何とか出来れば畑に負けないかな?

でも、塩茹で美味しいですね。ビールが進みます。

まだ沢山残っているので収穫しなければならないのですが、保存できるのなら保存したいのですが・・

収穫したまま冷凍するか、塩ゆでして冷凍するか?どっちがいいのだろう?
Posted by NAO at 2011年11月02日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。