2011年07月03日

3年遅れてしまいましたが、やっと日本に飛来です。

予定では北京オリンピックに間に合うはずでしたが、色々トラブルが有りまして・・・
3年遅れでやっと日本にやって来ました。
ドリームライナーB−787の主翼の小さな部品を造ってますので、やっと飛行機としての世界へのお披露目ができて嬉しいです。

今朝の羽田空港


Free video streaming by Ustream




コッチがいいかな




ローンチカスタマーであるANAの塗装での飛来です、この後色々とテストフライトが予定されています。

      出発      到着

7月5日  羽田6:25  伊丹7:30
7月5日  伊丹11:30 羽田12:30
7月6日  羽田6:25  関西8:00
7月6日  関西12:00 羽田13:20
7月7日  羽田6:00  岡山7:30
7月7日  岡山11:45 羽田13:15
7月7日  羽田15:00 広島17:00
7月7日  広島19:00 羽田20:10
7月10日 羽田6:25  中部7:30
7月10日 中部18:00 羽田18:45

最後の中部はM重工へのサービスですかね。最初の予定には無かったような気もするのですが。

出来れば羽田に出向いて観に行きたいがそんな余裕もないので、西に向かう進路が我が家の屋上から見える範囲だと嬉しいのだが・・・
西に向かう飛行機はたくさん見えるので期待はしてますが、どうなりますやら。
もちろん予定日の6時半過ぎにカメラを抱えて屋上に陣取る予定です。


その小さな部品ですが随分前から量産体制に入ってます、とは言ってもB−737の一割ぐらいですけどね。
詳しく報告したいけど規制がかかってますのでここまでです、私だってまだしばらくはこの仕事を続けたいのでご容赦下さい。



ラベル:B−787
posted by NAO at 23:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ANAとJALで90機でしたよね、そのうち乗る事
もあるでしょうからしっかり作っておいてく
ださい。^^
Posted by つくばのガマ at 2011年07月04日 04:33
ガマさん、こんにちは。
この秋には就航の予定ですね、とりあえず羽田⇔岡山と羽田⇔広島は決定しているみたいですね。
まぁ767がドンドンと787に置き換わっていくんでしょうね。

よくご存知でANAが55機でJALが35機ですね、全世界でも800機を超える受注があります。
順調に量産が始まれば受注は増えるのでは?
Posted by NAO at 2011年07月05日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。