2010年12月19日

筑波から来た茎広京菜が大きくなって掻きとり収穫しました。

陽射しは暖かでしたが風は冬の風で冷たかったです。惰眠をむさぼって遅い屋上巡回でしたがまだ氷が残っていたので今日も氷点下になったようですね。

ミニミニ温室に育つ茎広京菜が食べごろになってきました。


大きな葉っぱを掻きとり収穫してます。


刻んで生でポン酢が大好きですが、かあちゃんは明日の味噌汁の具にするって言ってます。

小さな野鳥が飛んできてこちらを伺ってました。しっぽが長いのでセキレイの仲間ですかね?詳しいとことは分かりません。



上空を西から東に飛ぶ飛行機は今まで滅多にありませんでしたが、ガルフらしき機体が西から東へと低い高度で通過していきました。胴体横にエンジンが付いてましたのでもしかしてEU圏のVC−10かとも思いましたが尾翼の形が違うのでガルフかなと思ってます。


この後すぐに雲の中に消えていきました。

富士山と夕景


くっきりとは行かない富士山でしたがありがたく拝めました、夕景も雲が赤く染まり綺麗でした。
下り坂の天気模様ですが雲多しで放射冷却が無くなって氷点下は解除ですかね。
posted by NAO at 23:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 京菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
描き京菜は初めて遭遇しました。^^
確かに、株が大きくなってから収穫すると
量がすごいから、描いて使うのも手ですね。
いままでは葉が5〜60本、もっとかな? に
なってから株ごと収穫していました。
Posted by つくばのガマ at 2010年12月20日 04:50
ガマさん、こんにちは。
京菜の掻きとり収穫は私も初めてです^^;

ある程度大きくなったら地表から3〜5センチのところでざっくり収穫しても再生してくれますから長く楽しめますよ。
Posted by NAO at 2010年12月21日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。