2010年05月08日

サラダほうれん草がトウ立ちして花が付きました。ほうれん草に雄株と雌株が有る事を知らない方も多いでしょうから雄株と雌株を投稿です。

通常の植物の花には一個の花の中におしべとめしべが有り、おしべの花粉がめしべに受粉して実を結びます。これが多数を占めますね。
そして、一株の中に雄花と雌花を咲かせて雌花に結実するものもあります、きゅうりやスイカ、かぼちゃやズッキーニもそうですね。
今回紹介するのはほうれん草です、これは株自体が雄株と雌株に分かれていて、雄株には雄花だけ咲き、雌株には雌花だけ咲きます。花といってもおしべやめしべが出ているだけって感じなんですね、まぁ写真を見てください。
雄株雌株が有るのはアスパラガスと銀杏しか認識していません、他にもあるのでしょうけど良くは知りません。

サラダほうれん草の雄株、雄花、おしべ。株の中心から出てきます。

サラダほうれん草の雄株。クリックすると大きくなりますR1。サラダほうれん草の雄株。クリックすると大きくなりますR1。
サラダほうれん草の雄花の拡大写真。クリックすると大きくなりますtx7。サラダほうれん草の雄花の拡大写真。クリックすると大きくなりますtx7。

サラダほうれん草、雌株、雌花、めしべ。葉っぱの脇から出てきます。

サラダほうれん草の雌株の雌花。クリックすると大きくなりますR1。サラダほうれん草の雌株の雌花。クリックすると大きくなりますR1。
サラダほうれん草の雄花の拡大写真。クリックすると大きくなりますtx7。サラダほうれん草の雄花の拡大写真。クリックすると大きくなりますtx7。

実は、育ちが悪くて他に移植したほうれん草たちでしたが、収穫する大きさになる前にトウ立ち開花でしたので、それはそれでおしべとめしべを楽しんでします。自分で栽培しないと見れない姿ですからね。

久々に富士山を拝めました。
朝は穏やかな晴れの天気でしたが、午後になると猛烈な風が吹き荒れて屋上作業のモチベーションも低下しました・・・
富士山10'5/8。クリックすると大きくなりますR1。富士山10'5/8。クリックすると大きくなりますR1。


時間が無いので後で編集しなおします。
posted by NAO at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ほうれん草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。