2010年04月20日

発泡スチロールの箱の土の中に小さな自然薯や山芋、茗荷を入れて越冬させていましたが、すでに新芽が出てきていました。

無事に越冬してくれたみたいで白い新芽があちこち芽吹いていました。

高知からムカゴで持ち帰った山芋が3年目を迎えています。中々大きくなってくれませんが、新芽も出てきて期待は膨らむばかり、今年は食えるかな?

自然薯に新芽が出てきた。クリックすると大きくなりますR1。自然薯に新芽が出てきた。クリックすると大きくなりますR1。

今年も発泡スチロールの箱を縦にして栽培します、でも今年は種芋が増えているので発泡スチロールの箱を2個連結して倍の容積にしています。もちろん底面には4リットルですが水タンクを備えています。

発泡スチロールを2つ立てて栽培します。クリックすると大きくなりますR1。発泡スチロールを2つ立てて栽培します。クリックすると大きくなりますR1。発泡スチロールを2つ立てて栽培します。クリックすると大きくなりますR1。

幅と奥行きは30センチほど、高さも80センチ弱でちょっと高さが足りないかもしてませんが、とりあえず試しで栽培してみます。結果次第でまた来年の参考にします。

小さな自然薯も

小さな自然薯も発芽。クリックすると大きくなりますR1。小さな自然薯も発芽。クリックすると大きくなりますR1。

食べるには小さかったので種芋にしましたがぶっとい新芽が出てきました、これも楽しみです。

茗荷も

茗荷も発芽。クリックすると大きくなりますR1。茗荷も発芽。クリックすると大きくなりますR1。

これも年々増えてしまって植える場所に困ってしまう・・・
でも今年も水耕ミョウガタケを頂く予定です。


ぎりぎり可視富士。

富士山10'4/19。クリックすると大きくなりますR1。

コントラストやガンマを弄って何とか見られるかな?
posted by NAO at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然薯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。