2010年01月31日

いろいろ定植

ミニ温室で発芽したチンゲン菜やサニーレタスが一月たってさすがに定植しないとまずい時期になってきましたので、コンテナに定植です。

チンゲン菜。クリックすると大きくなりますR1。サニーレタス。クリックすると大きくなりますR1。 底面給水型コンテナに定植。クリックすると大きくなりますR1。保温と防鳥のビニールトンネル。クリックすると大きくなりますR1。

もちろん予定していたので事前に土作りや底面給水の造作も進めていました。
底面給水は屋上の栽培でも7割がた完了してます、写真でも分かると思いますがコンテナが2段の構成になってます。上段が栽培するコンテナで下段が水を供給する水タンクになってます。毛細管現象によって下の水タンクから上の栽培地に水が供給される構成になってます。
コンテナ菜園は毎日の水遣りが大変ですが底面給水の水タンクを構えることによって水遣りの負担が激減します。実際この時期は週1の水タンクへの水補充で十分ですね。
夏場も底面給水にしてから水枯れが無くなりました。
いろいろ設備が必要になってきますが底面給水が面白くなってきました、どうなるかは分かりませんがいろいろと発展させて行きたいですね。
posted by NAO at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チンゲン菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。