2009年12月29日

京菜を収穫する

根こそぎ株で収穫するのが楽なのですが、そうすると20株ほどの京菜はあっという間に終わってしまうので、ちびちびと掻き採り収穫してます。

コンポストタワーの京菜。クリックすると大きくなりますR1。京菜。クリックすると大きくなりますR1。京菜。クリックすると大きくなりますR1。京菜、収穫。クリックすると大きくなりますR1。

写真にして見ましたがよく分かりませんね。
京菜の株の根元あたりから新芽が次々と出てきてます、それを摘んで捻ると簡単に株から離れてくれますのでそれを各株からちまちまと収穫してます。
そうすれば長い間楽しめるはずですが・・・どうなりますやら。
ぼちぼち次の種まきもしたほうが良いかな、ガマさんから沢山頂いているし、この時期でも温室なら発芽してくれるでしょう。



C-2 グレイハウンド
久しぶりに撮影できました、確か3年振り位かな。
陸上から洋上の航空母艦へ補給物資を輸送する艦上輸送機ですね、小さいので航空母艦にも軽々着陸できるのでしょう。

C-2 グレイハウンド。クリックすると大きくなりますR1。C-2 グレイハウンド。クリックすると大きくなりますR1。C-2 グレイハウンド。クリックすると大きくなりますR1。C-2 グレイハウンド。クリックすると大きくなりますR1。

C−130ハーキュリーズはこのあたりの常連で、訓練飛行も含め毎度飛んでます。
毎度なので気にしてなかったのですが、あれれ後ろが開いてますよ・・・閉め忘れた?いえいえ、これも訓練なのでしょうね。何か投下する時のための訓練なんでしょう。

後ろ開いてますけど。クリックすると大きくなりますR1。

覚書 156/363(可視富士/観測日)
朝から曇り空、昼前から晴れ渡ってきましたが、富士山の周りは厚い雲が覆っていました。
日が落ちてからやっと天辺の方が現れてくれました。これでまたまた連続可視富士の記録更新で連続12日となりました。


夕景とハーキュリーズ。クリックすると大きくなりますR1。夕景富士山09'12/29。クリックすると大きくなりますR1。
posted by NAO at 23:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 京菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は炒め煮にして食べるのが一番好きです。
油揚げと軽く炒めてから、だし汁、醤油、酒、砂糖少々などでヒタヒタ状態で煮る。
それだけですが、シャキシャキ感そのままで
とてもおいしいです。

そうですね、今から蒔いても出てきそうですね。
花が咲くのは春ですから。完全なアブラナ科ですね。
Posted by つくばのガマ at 2009年12月30日 07:09
注目はC-130のドアの左右に付いてるとんがり帽子みたいなやつ。
あそこからレーザー光線が出て、接近してくるミサイルを狂わせます。
Posted by オルスコ at 2009年12月30日 15:14
ガマさん、どもです。

京菜はあのシャキシャキ感がたまりませんね、採り立て生のままも美味しいですが、これからはいろいろ料理して楽しんで行くつもりです。
ベランダ菜園を始めた姪っ子にも種を分けてやろうかと思ってます。

いろいろお世話になりました、来年もまた楽しく楽しみましょう!
Posted by NAO at 2009年12月31日 23:05
オルスコさん、いつも貴重な情報ありがとです。
確かに見えますね、ちっちゃな突起ですが被弾を避ける重要な装置と解釈しました。予想もしませんでした・・・


いろいろお世話になりました、来年も横田の飛行機は投稿して行きますので解説よろしくです。

良い年をお迎えください。
Posted by NAO at 2009年12月31日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。