2009年10月26日

ガマの京菜

ガマの油で有名な筑波からやってきた京菜、柔らかな水菜ってことですが・・・。
発芽から10日以上経ちまして本葉も展開してきました、ポットにちょろちょろと種まきしたつもりでしたが、こんもりと密集してきました。ただでさえ徒長気味なのでこのままポットで育てるのはまずいのでコンポストタワーに定植です。

ガマの京菜。クリックして大きくしてくださいね。r1ガマの京菜。クリックして大きくしてくださいね。r1

土曜日にコンポストタワーに移植しました。
日曜日は朝から細かい雨で移植して根付くには絶好の雨だったかな。風に揺すられる事もなくシトシト雨で助かりました。
アブラナ科の植物は青虫もアブラムシも大好きなので野放しに育てると虫たちの餌食になるのは目に見えていますから対策は必要ですね。今回は不織布で覆って虫たちの餌にならないようにしています。

このまま根付いてくれればすぐに美味しい思いができるでしょう、脇芽を残しながら掻き採り収穫もできますので長い期間楽しむことができると思ってます。



近所で火災騒ぎ。

我が家のすぐ近くです。クリックして大きくしてくださいね。r1

午後に大量の消防車が目と鼻の先にやってきました。
ぼやで収まったみたいでしたが、これから時期は乾燥してくるし気をつけないといけませんね。
posted by NAO at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。