2009年08月27日

なんちゃってやとい農法コンテナ版をやとい直す。

白ねぎがおいしいのでやとい農法を真似してコンテナで育てています。
土寄せができないコンテナでのねぎ栽培で白ねぎ、長ネギ栽培をするにはやとい農法を真似てねぎを斜めに植え込んで土の中で遮光できる部分を多くして栽培する方法を実践しています。

葱坊主も終わりぶんけつして細くなったこともあり、そしてたとえやとい農法でもやっぱりコンテナ栽培では土を寄せていくことはできません。つまりこのままでは白い部分は増えていかないのでやとい直しを決行です。

まぁ、引っこ抜いてまた斜めに植え込んだだけですが、傾斜角度を前より緩やかに植え込んだ分、土が被さって遮光される部分が増えるはずです。

なんちゃってやとい農法をやとい直す。クリックして大きくしてくださいね。r1なんちゃってやとい農法をやとい直す。クリックして大きくしてくださいね。r1なんちゃってやとい農法をやとい直す。クリックして大きくしてくださいね。r1

これで美味しい長ネギ確保と行きたいのですが、多分殆どが元万能ねぎの再生物。万能ねぎは細くてヒョロ〜としてますがこれが太ねぎに変身してくれたら万々歳です。



久々の夕景富士山と上弦の月。
富士山09'8/27。クリックして大きくしてくださいね。r1上弦の月。クリックして大きくしてくださいね。r1

来週には満月ですね、5日の土曜日に十七夜の満月です。
posted by NAO at 23:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そろそろこちらもやといやってみますかねぇ。
やとわない方と比較してみるのも楽しいかも。
Posted by つくばのガマ at 2009年08月28日 05:28
ガマさん、こんにちは。
やとい農法は苦肉の策です、余目地区も地下水が近くて水に弱いねぎを育てるために苦肉の策でやとい農法が発展してきたことでしょう。
コンテナ栽培も土寄せができないので苦肉の策のなんちゃってやとい農法ですがコンテナ栽培の白長ネギの栽培にはうってつけかも。
是非比較して見てください、どっちもおいしいでしょうがガマさんなりの評価でよろしく!
Posted by NAO at 2009年08月30日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。