2009年07月17日

水耕栽培ミニトマト、アイコとアイココ

放任栽培の荒ぶるアイコはたくさんの実をぶら下げています。

水耕栽培アイコ。クリックして大きくしてくださいね。r1水耕栽培アイコ。クリックして大きくしてくださいね。r1

順次赤くなってますので収穫しています、すでにこの一株で90個の収穫となっています。鳥害が心配なので早めに収穫していますが、ぼちぼち鳥が突っついた痕跡も見られなくなりましたので我慢して完熟での収穫を目指したいと方向転換です。
相変わらずおいしいアイコですね家族にも人気です、今のところ収穫する分は家族で完食ですがもう少しすれば食いきれずに冷蔵庫に溜まっていくでしょうね。
リコピンとり放題でアンチエイジングを目指します。

去年の水耕アイコ栽培で夏の終わりの長雨で実割れが大量に発生して土の中に埋めたりしたのですが、そんなこぼれ種からの発芽がたくさんありました。その中で水耕絹さやの培地から勝手に発芽してきたアイコの子アイココが妙な実を付けました。写真右側。

水耕栽培アイコの実。クリックして大きくしてくださいね。r1アイコの子アイココの実。クリックして大きくしてくださいね。r1

アイコはF1種なのでその種からの株はアイコではありません、便宜上このブログではアイコの子なのでアイココと命名しています。これが面白いですね、去年のアイココは倍ぐらいの大きな実を付けてくれたし、今年は妙に白い実を付けました。左の写真はアイコの実です、へたに近いところは緑が濃いですよね。
これずいぶん前から実がなっているのですがまったく赤くなろうとしません・・・まだまだ硬いままだし、どうなっていくのでしょう?



覚書 96/198(可視富士/観測日数)
朝から久しぶりの雨。昼間も雲が多く今日は不可視日かなと思ってました。
仕事が終わって帰宅後に屋上に上がると微かに見えていました!

富士山09'7/17。クリックして大きくしてくださいね。r1

しかし7月にこんなに拝めるとは!
posted by NAO at 23:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トマト(水耕栽培) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トマトハウスのアイコ、ハウスのアイコ、そして野生のアイココがあります。野生のものは昨年のこぼれダネからの発芽です。
ハウスのものは黄色のアイコ。そのほかに
整枝した枝から根付いたものもあります。
この場合はアイコでいいんでしょうねぇ。
放任栽培というか、出てきたところにそのままあるので、この後どうなるか?
あちこちで青じそのようにアイコやその他の
トマトが繁殖中です。^^
Posted by つくばのガマ at 2009年07月18日 04:36
ガマさん、こんにちは。
もちろん脇芽からの根付きはアイコです、アイコそのものですよ。
うちもあちこちに発芽して対応に苦慮してます。
Posted by NAO at 2009年07月19日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。