2009年06月08日

荒ぶるアイコの兆しか

脇芽処理を一切しないで水耕栽培でアイコを育てています。
毎日見るたびに育っているのが確認できますので、スイッチが入りましたね、グングンそだってます。

今年も荒ぶるアイコです。クリックして大きくしてくださいね。r1今年も荒ぶるアイコです。クリックして大きくしてくださいね。r1
根元の水耕装置に雨水が入らないよう屋根つきのミニハウスに鎮座してますがいよいよ屋根の範囲から飛び出してきました。
誘引するための棚はちゃんと用意してます、そのうち紹介しますが低めに作ってます。今年は8月中旬の猛暑と下旬の長雨にいろいろと細工をしたいので背の届く範囲にしています。棚の素材は今年もカーテンレール、ステンレスなので錆びないから去年に続いて今年も使えます。

今年も荒ぶるアイコです。クリックして大きくしてくださいね。r1今年も荒ぶるアイコです。クリックして大きくしてくださいね。r1

花も実も続々増えて荒ぶるアイコは今年も健在のようですよ。
元気に育ってくれるのはうれしいですが、暑くなってくると液肥の要求量も半端ないですががんばって対応していくつもりです。
posted by NAO at 23:39| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | トマト(水耕栽培) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハロー、MR.NAO

アイコは今年も暴走開始ですね。
自分は正攻法で脇芽をことごとく摘んで
ふつうのトマトのように育てています。
でもそろそろ脇芽を摘むのをやめて上の
方はいつものように暴走させようかと思っています。4株やってますから2株を
イジメて二株は勝手にさせるのも手ですね。
ハウスの中の黄色もある程度自由に生らせてみようかと思っています。
Posted by ガマ at 2009年06月09日 20:49
ガマさん、連続TBありがと!
やっぱりアイコは暴走させないと楽しみ半減です。
この時期になると毎日見るたびに大きくなっているのが分りますから楽しいですね。
たぶん花と実は数えれば300個ぐらいになっているかもしれないです、数えてませんが・・・
Posted by NAO at 2009年06月10日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

トマト
Excerpt: トマト専用畑の様子です。 大玉トマトの第一花はたくさん実を着けさせない方が 株の成長を促せるというので2個に制限してみた。一方アイコは普通でもすごい 成長力なのでそんな配慮は無用。着くだけ着けさせる..
Weblog: つくばのガマの菜園&フォト日誌
Tracked: 2009-06-09 20:34
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。