2005年09月18日

優曇華の花

ウドンゲノハナってご存知ですか?
収穫しようとしたオクラの実に妙な物がくっついている。これは前に何かを調べていたときに見たな?
そうだカゲロウの卵だ?って思い出して、調べてみました。

不思議な、面白い卵です。優曇華の花は、めったに咲かないそうです(空想の植物ですから)。
←それぞれリンクをクリックすれば大きくなります。
優曇華の花って見た事ありますか?残念ながら空想の花のようです。仏教の中で「三千年に一度花を開くという想像上の植物」のこと。優曇華の花というのは,“めったにないもののたとえ”として使われる用語です。
で、このクサカゲロウの卵は優曇華の花に例えられてるようです。確かに不思議な卵です。
しかしながら、よりによってなんでオクラの実に卵を産みつけたんでしょう!?このオクラの実を食べるためにはこの卵を処分しなくてはなりません。残念です。
なぜなら、このクサカゲロウの幼虫はアブラムシを食べてくれるのです。もしやと思い、オクラの葉っぱの裏を見たら・・来てますね?アブラムシ!!
写真のオクラの実にも良く見るとアブラムシがいます。ちゃんとアブラムシがいるところを狙って卵を産み付けるのですね、たいしたものです。とりあえずデンプン系のスプレーをシュッシュ!
水耕のきゅうりもアブラムシにたかられて瀕死になっているのですが、テントウムシの幼虫が大量に活躍してくれだしてます。自然の営みって凄いです!!



6月27日の撮影。再登場願いました。ここを←をクリックすると大きくなります。
ちなみに数ヶ月前に、我が家のフェンスにしがみ付いていたカゲロウの仲間です。これがクサカゲロウなんでしょうかね?



今日の収穫

タモリさんに見え・・・無いよね・・。ここを←をクリックすると大きくなります。
大葉の葉っぱは小さいので集めるのに苦労しました、でもまだまだ大葉茶が作れます。後1回か2回収穫できそうです。でも次の植え付けがまっているので早くコンテナを空けたいのですが・・・ばっさり切って干して乾燥させておいても大葉茶は作れるので、そうしようかな・・来週末の作業になりそうです。大葉の実もまだまだ沢山有るので塩漬けもやってみようかなって思ってます。
オクラもナスも元気です、まだまだ活躍してもらわなければって面倒見てます。


posted by NAO at 23:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。