2008年10月27日

ムカゴからの山芋

去年の暮れ高知から持ち帰ったムカゴは無事成長しています。どうやら雄株だけのようだったので雄花しか咲かなかったので種は採れないようですが来年種芋から育てればいいから気にもしていませんでした。
またまたむかごもいっぱい出来てましたね、大きいのをまた育てて見ようなんて写真に撮っていたら鉢の下に妙なものが飛び出してきてました・・・
ムカゴからのヤマイモムカゴからのヤマイモ2ムカゴからのヤマイモ3
ムカゴから育てていくと山芋として収穫できるまで2〜3年かかると聞いていたので一番大きな鉢に植えてありました。一年目ですから一番大きな鉢で十分だろうと甘く考えていましたが・・・・恐れ入りました。きっちり鉢底から山芋がはみ出ていました。
鉢の中の山芋はどうなっているのでしょう?ちゃんと来年の種芋になってくれるのでしょうか?種芋にするには120グラム以上ってどこかのHPで見たような記憶だけど、この様子じゃ立派な種芋になっているんじゃないかな?葉っぱが枯れてきたら確認しようと思っています。
これで屋上コンテナ菜園でも山芋(ながいも)の栽培が出来そうです、小さな自然薯は収穫目前ですが来年は長芋の本格的な栽培にもチャレンジですね。
さてコンテナでどうやって栽培するか・・・いろいろ構想は練っていますが一番大きな発泡スチロールのコンテナを使って一番簡単な方法で栽培して見ようかと思っています。どうなりますやらねぇ・・・
ラベル:ムカゴ 菜園 山芋
posted by NAO at 21:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。