2008年10月17日

沈む満月

日の出と日没が毎日繰り返されるように、月の出と月没もあまり意識はしていませんが毎日繰り返されています。
満月の月没は年に一回撮影できればいいほうですね、去年も一度撮影できました。ほぼ月に一度の満月が西の山の向こうに沈んでいく姿を撮影できるのはいろんな条件が重なって始めて撮影できます。
第一条件がその満月の月没の時間に快晴であること、白い月はほんの薄い霞にも溶けて見えなくなってしまいます。
第二条件にその時間にカメラを持って屋上に居られること、時間厳守です。
第三条件が満月没を撮ろうという気力ですね、これが一番大事かもしれない。それほどぱっとしない月没ですが撮ろうという意識が無ければ撮る気も起きないのが現実です。
今日はこの3つの条件がビタッとはまりまして満月没の撮影ができました。
満月没1満月没2
満月没3満月没4
満月没と晴天が重なることは滅多にありません。
山際の霞に溶けて消えそうな白い月ですが、何とか画像を編集して見えやすいようにしていますが是非クリックして大きくして見てください、そのほうが分かり易いと思います。

おまけ
富士山10/16朝富士山10/16夕

posted by NAO at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 屋上からの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。