2008年10月17日

いろいろ虫たち

昨日は色んな虫と遭遇しました。
名前も知らない虫や、検索して知った虫、初めて遭遇する虫など・・・
まぁ見るのもいやって方もいらっしゃるでしょうが、地球上での共同生命体なので見てやってくださいな。

まずは、始めて見た天鵝絨葉巻蛾です。朝の屋上巡回中にどこからとも無く飛来して絹さやの葉っぱに止まりました。始めて見る虫にえぇ〜〜!と思いながらカメラにクローズアップレンズをつけて接写です。残念ながらこの2枚を撮っただけで飛んでいってしまいました。
検索して調べていると虫好きの方には有名な蛾のようですね。羽の鮮やかな模様が蛾とは思えませんが蛾です。地味な外見が多い蛾の仲間たちですがこれはちょっと違いますね、そして夜間行動する蛾の仲間が多い中こいつは昼間行動するそうです。
さて天鵝絨葉巻蛾はなんと読むのでしょうか?答えは後ほど、もしくは画像中に。

始めて見るビロードハマキ。クリックすると大きくなります。r1派手な模様のビロードハマキ。クリックすると大きくなります。r1
ビロードハマキガといいます、本来南方の蛾のようですが温暖化の影響で北上しているそうです。ガマさんちやマリリンさんちにもそのうち現れるかもしれませんよ。

オンブバッタも東京で初めての対面です!駐車場脇のプランターの植え替えをしていたらいました。上に乗っかっているのが雄、こうやってメスを独占するのだそうですが・・ある意味、雄の理想形?(笑い)
オンブバッタ1オンブバッタ2

ツマグロヒョウモンチョウのオスです、羽の豹紋が綺麗ですね。いつもメスしか来てくれませんでしたがやっと来てくれました。
近年パンジーやビオラを栽培する家庭が多くなっているものだからそれを食べるツマグロヒョウモンにとっては良い時代になったのかもしれません。
ツマグロヒョウモン、雄1ツマグロヒョウモン、雄2

さてと・・これも蛾の仲間でしょうが検索しようがなくて名前が分からずお手上げです。羽を閉じた状態で止まるのですが、飛翔のときにオレンジ色の鮮やかな羽を見せてくれますが飛翔時の撮影は困難・・・でした・・・名前をご存知の方ご一報ください。
蛾も蝶も兄弟みたいなもんですから、なかには蝶より綺麗な蛾がいるそうです、見て見たいな。


何だ?これは1この子は、誰?
**追記**
これは裏銀蜆(ウラギンシジミ)とkayukiomikio様より教えていただきました。ありがとうございます。

ずいぶん前に撮ってたのですがなぜか投稿してませんでしたのでどさくさにまぎれて投稿です。
ハンミョウの仲間だと思うのですが実際にはもっと緑色が綺麗だったのに写真ではいまいちです。これもこのあたりではめったに見ることができないんですね。初めてカメラに収めました。

**追記**
これはラミーカミキリ(ラリーカミキリ)ですよとDuckbill様より教えていただきました、ありがとうございます。
ラミーカミキリ1ラミーカミキリ2

お昼ぐらいから雨降り・・・今も降り続いています。
明日は午後には晴れるそうで良い月が見れそうです。
posted by NAO at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
美白
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。