2006年04月19日

ハナミズキ

今年も咲き始めましたよ。紅白並べてみました。
DSC05956.jpgDSC05961.jpg
でもこれ花びら(花弁)じゃ無いです。
詳しくは本家のほうで。
http://diary.jp.aol.com/qabez4z/782.html
posted by NAO at 23:01| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 職場の草木花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何の花?

DSC05952.jpgDSC05953.jpg

本家のほうで教えていただいたのですが、どうやら酢実(ズミ)らしいです。
本家はこちらです。
http://diary.jp.aol.com/qabez4z/780.html
posted by NAO at 21:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場の草木花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハナミズキも!


職場のハナミズキが咲き始めました。
紅白で並べてみました。
紅!クリックすると大きくなります。t白!クリックすると大きくなります。t
これから花弁がだんだん大きくなるんだと思っていたら、この花びらに見えるのは、花弁ではないのです。

http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/mizu.htmさんから抜粋。ありがとうございます。
別名を「アメリカヤマボウシ」といい、日本には明治中期に渡来した。日本にもともとあったのは「ヤマボウシ」で、はなみずきに似ているが、あでやかさはない。松本市内の街路樹に「ヤマボウシ」が使われており、6ー7月に美しい。
 ハナミズキの花弁と思われているものは総苞片で、本当の花は中央に固まっている。よく見ると一つ一つにちゃんと4枚の花弁と雄しべがある
 「ミズキ」は山に群生している喬木で、ハナミズキと同じ頃、枝を覆うように一面の白い花を付ける。葉に特徴があり一度見ると忘れない。「トサミズキ」や「ヒュウガミズキ」は灌木であるが、葉の特徴は同じで花も美しい。
 「ハナミズキ」にはピンクのかわいい花を付けるものがあり「ベニバナハナミズキ」と呼ばれる。ハナミズキは5月の花も美しいが、秋の紅葉も素晴らしい。
 学名はCornus floridaで、ミズキ科ミズキ属である。
 
 中央のぶつぶつがまだ蕾のハナミズキの花のようですね。本当のハナミズキの花も観察してみようって思ってます。
これからだんだんとこの総苞片がおおきくなって華やかなハナミズキになってくれることでしょう。
posted by NAO at 00:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
美白

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。