2005年11月23日

BOX水耕のチリメンチシャ

これも簡単な装置での水耕栽培です。

わさわさの水耕チリメンとコスレタス1株。根っこの状態。
←それぞれリンクをクリックすれば大きくなります。
この水耕装置(装置と言うほどのものでの無いが)では、もう何度もリーフレタスを育てています。こんな簡単な装置でもちゃんと育ってくれてます。
発泡スチロールの板に穴を開けて、そこに苗をセットして根っこを液肥に浸してるだけです。写真で垂れ下がっている厚手の不織布が分かると思いますが、根っこがまだ小さいときはこの不織布に触れて液肥を吸い上げてくれます。液肥面を下げて空気層を大きくとってあるので、その部分の根っこで酸素を吸収することが出来ます、だからエアレーション(空気ブクブク)も必要ありません。ご覧の通り根っこも順調に育ってきてます。
液肥はハイポニカを使ってます。うはうはさんやtalosさんの報告によると、ECを2.0にするには通常の500倍より濃くしなければならないようです。今のところ400倍程度で与えていますが、寒くなってきてるのでそろそろ300倍ぐらいにしようかなと思っています。
今日もチリメンチシャを収穫しました。まだ若いて柔らかいし癖がなくて美味しいですよ。


posted by NAO at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
美白

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。